■ エヲカク ■

2017年04月12日

『なぜ働くのか』バリー・シュワルツ著/TED Books/朝日出版社【本日出版】

『なぜ働くのか』バリー・シュワルツ著/TED Books/朝日出版社、いよいよ本日出版です。僕にとっては”初めての訳書”となりますが、身の程知らずな冒険に一歩踏み出してしまったような、落ち着かない気持ちでいます。

「つまり本書は、AI時代における僕たち人間のサバイバルそのものを根源的に問う一冊でもある」解説を快く引き受けてくれたNHK出版の編集者/編集長の松島倫明さんの言葉をいきなり借りるけど、この本の役割を見事に言い当ててくれています。

D76B2BA6-BBE0-411C-9B48-6DD822719FBB.jpg

僕たち人間の本質は、社会のあり方に応じて形成されるのだとバリー・シュワルツは言っています。つまり、社会制度をデザインすることによって、僕たちは人間はその本質を作り出している。そうであれば、僕たちが人間を、社会をどのように理解(しようと)するのかが、すなわち未来を作ることに繋がるはずです。

9割に近い人々が自分の仕事に疑問や不満を抱いて日々を過ごしているという調査結果が真実ならば、それは僕たち人間が誤った理解のうえに仕事をデザインしてきたからかもしれない。なぜそうなのか? どうすればその現実を動かして行けるのかという可能性が、この本で語られています。

僕たちの考えひとつで社会のあり方が変えられるのだという考えはチャーミングですが、それは反面、僕たち一人ひとりの意識のあり方、働き方によっては社会も世界も変わることはないのだという厳しい問題提起とも言えます。

詳しくは本書に語られていることを、ぜひ読んでみてください。

人々が新たな気持で働きはじめる春という季節にこの本の出版が重なったことは、タイミングとしてパーフェクトだと思います。そして、働き方、仕事のあり方が良くも悪くも世に問われ、もしかしたら難しい未来が待ち受けているのかもしれないと思わされることも少なくないこの時代にこの本が書かれ、そのアイデアが世に放たれるというのは、僕たちの未来にとって無意味なことではないはずです。

『なぜ働くのか』が5作目となる朝日出版社のTED Booksのシリーズ、『テロリストの息子』『平静の技法』『未来をつくる建築100』『恋愛を数学する』、テーマを変えてどれも新しい洞察を与えてくれる本です。ぜひチェックしてください。
【TED Books/朝日出版社】

シリーズのディレクターでありプロデューサーであり編集者、去年は武田砂鉄さんの『紋切型社会――言葉で固まる現代を解きほぐす』でも世の中に大きな波紋をおこした朝日出版社(第五編集部)の綾女欣伸さんは、本書の解説を書いてくださったNHK出版の松島さんと並んで、「同じ時代に生まれて良かった」と心から尊敬する知性の人で、このような形で一緒に仕事をさせていただけたことが本当に幸運で、まさに僕自身「なぜ働くのか」「なぜ働きたいのか」を自らに問い直す、素晴らしい機会になりました(そして、自分にいったい何ができるのか、という大きな課題を与えられもしました)。そして同じく第五編集部の石塚政行さんの力を借りなければ、とてもじゃないけどこのような仕事を無事に終えることはできませんでした。ありがとうございます。



アマゾンはコチラ!

レビューも大歓迎です。1行でも2行でも、百万語でも。盛り上げていただけたら嬉しいです♪
共に考え、共に生きていきましょう。イエイ。

「なぜ働かないのか」と方々で叱られながら、こんなことをしておりました。








posted by マリオ曼陀羅 at 05:56| Comment(0) | TrackBack(0) | book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

【祝・出版】『今日も、ごはん作らなきゃ のため息がふっとぶ本』

毎朝のように財布や鍵や書類などが見つからず、ため息(と八つ当たり)ばかりの奥さんの新刊『”今日も、ごはん作らなきゃ”のため息がふっとぶ本』ってタイトル長すぎて覚えられないから『〜ふっとぶ本』今日(3月25日)出版されるようです。


61CCC3A3-77B5-4812-9578-5E91838F6C88.jpg


キッチンが便利になるアイテム集めから、肉の焼き方のコツとか、合わせ調味料の相性チャートとか、一週間の献立の考え方とか、下味つけて保存のテクとか、冷蔵、冷凍、煮る焼く揚げる茹でるetc.ほかいろいろ、いわゆる知恵袋的な一冊のようです。


これまでになくPOPなデザインで、見て楽しい本になってる気がしますが、それこそが「めんどくさい」を「楽しいかも」に脳内変換するコツだそうです。すごいですね。


NO FOOD, NO LIFE !!


→以下、なんか壮大な「あとがき」

※ポエムじゃないそうです:

 

>>

「ごはん作り」は毎日の繰り返し。

そして「食べるもの」をどう選び、どう作るかは、

私たちの考え方、生き方そのものだと思います。


しかし、自分のリソース(=時間、予算、料理技術)は

残念ながら限られているわけで……。

その中から最大限に

「自分にとっておいしいもの」

をひねり出したいというのは、

欲張りですが、でも、切実な願いですよね。


結果、「ごはん作り」の繰り返しが苦痛になってしまっては、

とても豊かな暮らしとは言えません。


ときには外食し、お惣菜を買ったりしながらも、

無理なく楽しく、

そしてできるだけおいしく、

日々の食卓をととのえて暮らせるようになれば、

生活の満足感や充実感はグンと上がることでしょう。


この本は、1ページずつめくるたびに

「おっ!」と楽しい話が出てくるように並べたつもりです。


忘れたころにパラパラとめくって、

「久しぶりに買った野菜を冷凍してみよう」

「今晩の夕食後に、ひとつ煮物をしてみよう」

なんていうように、

「あっ、これ忘れてた!」という

生活の工夫を思い出すきっかけとしていただければ、

これよりうれしいことはありません。


「ごはん? かんたんだよ!」

と自信を持って過ごせるようになれば、そのゆとりは、

仕事や人間関係など日々のいろいろなことにも、

必ず余裕を生み出してくれるものと思います。


料理を楽しみ、自信を持って過ごせることで、

明日も、またさらに素晴らしい1日になりますように。

<<

    

  

→『今日も、ごはん作らなきゃ』のため息がふっとぶ本

田内 しょうこ (著)

発行元:主婦の友インフォス

発売元:主婦の友社 

https://www.amazon.co.jp/dp/4074202220/


……ということで、皆様どうぞよろしくお願い申し上げます。

料理は楽しいよね。

 

#家庭料理 #時短料理 #レシピ #キッチン #料理 #台所 #料理本 #ズボラさん必見 #主婦の友インフォス #主婦の友社 #ふっとぶ本 #今日もごはん作らなきゃのため息がふっとぶ本

 

 

posted by マリオ曼陀羅 at 04:05| Comment(0) | TrackBack(0) | book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

人生

60273C73-6E90-43BA-BB53-51196F641FE4.jpg


【悲報】今年も米ニューヨークの某アートレジデンスの応募、惜しくも落選したようです(去年は補欠に残してもらって、今年またがんばった)。やっぱり取り組みの甘さというか、腰の入らなさが見透かされたのだなあと、苦い酒を飲みながら納得しようとしております。去年は8,000人のうちの35人くらいまでは残してもらったんだけど、30人に入らなければいけなかった。厳しい。身を持って実感しました。


今年はある意味、自分のやることの方向に、より明確な区切りをつけるつもりで再チャレンジしたんだけど、結果は変わらず。


自分の胸に手を当てていろいろ思いを馳せてみれば、仕方ないと思わざるをえないものもある。


……インド方面に舵を切ろうかな。というのは冗談(?)ですが、ひとまずは、残念な結果であるものの、「うn」としか言わざるをえない結果が出たことで、気持ちを切り替える体制にすぐに入りました。


進学就職結婚いずれも、すべて成り行きでやってきたけど、やっぱ成り行きだけでは如何ともし難いものがあるのかな。気持ちを切り替えて更にやってくしかないわ。


にしてもやっぱ悔しいな。飲みます。


応援、推薦してくださった方々、ありがとうございます。

おっかない奥さんから「もっと描け」と尻を叩かれた。


……でももう自分を試すのはたくさんだ。信じることを、絵に限らず、なにに限らず、変わらずやってゆこう。

 

 


写真はインド、デリーの楽器メーカーの倉庫。検品の図。

posted by マリオ曼陀羅 at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | art | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

FREE WALKING / FREE WALK

帰国。これから週に一日、多分(水)もしくは(火)、スマホを持って出ないことにしてみます。Free Walk といったところでしょうか。このご時世では。

EE4796A0-9221-43B1-B3BD-F67023CB78F7.jpg

こないだスマホを家に置き忘れて出かけたときに、とても身軽な気分で、電車の窓や移動中の景色が楽しかったのと、あとバカみたいに聞こえるかもしれないけど、ふらっとインドに行ってみて(特にバラナシで)やっぱり生でいろいろ見るのが気持ちいいなと思ったこと。あのあてどない感じは、実はどこでもできるんじゃないだろうか。それとネットワークへの接続がなくてSNSやメールが使えないくらいの一日がたまにあると勝手に(否応なしに)あれこれ考が巡ってきて、それが刺激的だったし、人を観察できるのも楽しいなと思ったから。

ネットワークの外に、ときどき出たいよ。

ということで、これから多分(水)、もしくは(火)、スマホを持ち歩かないことにしてみます。

そんな話をヨシキくんと、インドでのんびりとして、なんかとても楽しかったので。





posted by マリオ曼陀羅 at 02:13| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

Varanasiなう

バラナシの本屋?

IMG_6381.JPG

6時過ぎ、ガンジス川沿いのガート道を歩いていると、大きなお祈りの時間にちょうど行き当たった。音に意識を持って行かれる。鐘、ハンドベル、タブラ? 想像もつかない打楽器の音。歌。お香の煙が円を描く。

川を見下ろす大階段に腰を下ろすと布を身に纏った老人が杖をつきながら、手を差し出しながら近寄って来る。どこにいても、誰かが近づいて来る。声をかけて来る。相手にできないので視線を落としてやり過ごそうとしたら、老人の腕に描かれた三つの目が僕のことを見ていた。

帰国して(まさかそんなことはないと思うが)万が一子供達を叱らなければならないシチュエーションが訪れたならば、僕は額に第三の目を描いて、そして叱ってみよう。そんな機会は来ないか。褒める機会でもいいのか?

お祈りの向こう、ガンジス川のうえに無数の船が漂っていて、川からも陸からもお祈りを見て、自らも祈っている。

……にしても、よく歩いたわ。

IMG_6460.JPG
IMG_6415.JPG
IMG_6411.JPG
IMG_6431.JPG
posted by マリオ曼陀羅 at 04:56| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする