■ エヲカク ■

2018年03月23日

去年の今日記したメモが出てきたのでコピペ:

>>
目の前の空いた座席に坐ろうとして、周囲を見回したら老婆が手摺をにぎって立っていた。彼女に席を促すと「次で降りますから」と遠慮された。言葉どおり、次の乗換駅で老婆は降りていった。

二駅先にまたちょっと大きな、人の乗り降りの多い駅があって、そこで電車の行き先が二手に分かれる。そのまま終点の巨大ターミナル駅へ向かう路線と、都営線の地下鉄に乗り入れる路線だ。ちなみにこの駅では電車が長く停車する。そこで今度は老夫婦が乗ってきた。僕の対面に席がひとつ空いており、老旦那がその席に老婦人を座らせる。旦那はなぜか妻には背を向け、こちらを向いたまま吊革をにぎり立っている。「どうぞ」と席を立とうとすると、今度は「外を眺めているから」と断られたので、そのまま文庫本を読み進めることにしたが、ふとこの電車が都営線地下鉄への乗り入れをする路線であることに気付いて顔をあげた。
「……この電車、すぐに地下に潜りますけど?」
「いいの。それまで〇〇街道を見てるから」と、ぼくの背後の窓を顎で指す。それがこの人のスタイルなのかも知れないし、腰を下ろしたくない理由が人知れずあるのかもしれないと思って、また読みかけの本に目を戻す。ずっと妻に背を向けている理由はなんだろう?

読み進めようとしていると、右隣りに坐っていたこれまた老婆が何やら聞き取れない言葉を発している。気になってそちらに目をやると「え、この車、地下に行くの?」と言うので、そうだと答える。「あら大変!」と老婆は席を立ち、閉まりかけていたドアから慌てて出て行った。ホームを挟んで向かいの線路に、ターミナル駅へと向かう電車が到着していた。吊革の老人は、相変わらず妻に背を向けたまま、立って窓の外を走る街道沿いの風景を眺めているようだ。かつてよく通った道を眺めるのは、いろいろと思い出が甦るのでぼくも好きだ。

結局その席にはピンクの革のバッグにモノトーンのチェックのコートにレース飾りのついたおとなしめなグレーのパンプスの推定アラサー女子が坐ったんだけど、その彼女がめちゃんこ可愛くて、おまけにかなりいいにおいを漂わせていて……というのが今朝のハイライト。
​<<



77DBEF72-C0BB-4402-B0AD-F2CB17DBB86E.jpg
※昨夜終電を逃して春を味わいながら歩いているうちに迷子になっ先で見つけたかっこいい車







posted by マリオ曼陀羅 at 17:23| Comment(0) | past | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。