■ エヲカク ■

2018年03月11日

2018/03/11

38ED9270-720C-47FB-B8E1-55F1876AF4FC.jpg

東日本大震災の、そして原発事故の直前の、やや懐かしいツイート。
この二日後の金曜日には、神保町から下高井戸の自宅まで、混乱して混雑した靖国通り、新宿通り、甲州街道を、4時間かけて歩いた。
自宅付近で看板を出していたビストロに立ち寄って、その夜の売り物になるはずだったガトーショコラを買い取った。棚から落ちたワインを1本おまけしてくれた。

この頃から(実に様々な意味で、世の中も、自分自身も)状況がかなり変わった。しかし同じ流れのなかでのことだと思う。
あのビストロはどこかに移転した。

当時から、チェルノブイリの事故がその後のペレストロイカの流れに少なからぬ影響を及ぼしたのではないかという(オカルト的w)仮説を持論として持っていたので、こりゃまた大きな転換期が来たなと身構えたけど、7年経った今も、まだまだ余波に煽られ漂っているようだ。

漂ううちに座標は移っていくのだが、今改めて周囲の景色を見回して、
「ココハドコ? ワタシハダレ?」
という感じ。

バイト先でたまに立ち話をする野球好きの青年は熱心なオリックスのファンなのだが、訊けば神戸の出身だそうだ(こっちで会う神戸の人は関西弁が出ない人が多い気がする)。
「阪神淡路大震災のとき大変だったでしょ?」と訊ねたところ、0才だったからまったく記憶にないと言われた。それどころかオリックス時代のイチローも、パンチ佐藤も仰木監督も星野も長谷川も、監督じゃない福良も、昔話としてしか知らないと!!! その直後の谷川(神戸の被災者)が史上初の七冠制覇を目前に控えた若かりし羽生を相手に繰り広げた死闘には興味すらそもそもなかったようだが……

さておき、あの日のことから連想することは取り留めもなく、で、今日に思いを戻すと目の前には(やはり)山積みの課題がっっっっ!





posted by マリオ曼陀羅 at 14:14| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: