■ エヲカク ■

2017年03月25日

【祝・出版】『今日も、ごはん作らなきゃ のため息がふっとぶ本』

毎朝のように財布や鍵や書類などが見つからず、ため息(と八つ当たり)ばかりの奥さんの新刊『”今日も、ごはん作らなきゃ”のため息がふっとぶ本』ってタイトル長すぎて覚えられないから『〜ふっとぶ本』今日(3月25日)出版されるようです。


61CCC3A3-77B5-4812-9578-5E91838F6C88.jpg


キッチンが便利になるアイテム集めから、肉の焼き方のコツとか、合わせ調味料の相性チャートとか、一週間の献立の考え方とか、下味つけて保存のテクとか、冷蔵、冷凍、煮る焼く揚げる茹でるetc.ほかいろいろ、いわゆる知恵袋的な一冊のようです。


これまでになくPOPなデザインで、見て楽しい本になってる気がしますが、それこそが「めんどくさい」を「楽しいかも」に脳内変換するコツだそうです。すごいですね。


NO FOOD, NO LIFE !!


→以下、なんか壮大な「あとがき」

※ポエムじゃないそうです:

 

>>

「ごはん作り」は毎日の繰り返し。

そして「食べるもの」をどう選び、どう作るかは、

私たちの考え方、生き方そのものだと思います。


しかし、自分のリソース(=時間、予算、料理技術)は

残念ながら限られているわけで……。

その中から最大限に

「自分にとっておいしいもの」

をひねり出したいというのは、

欲張りですが、でも、切実な願いですよね。


結果、「ごはん作り」の繰り返しが苦痛になってしまっては、

とても豊かな暮らしとは言えません。


ときには外食し、お惣菜を買ったりしながらも、

無理なく楽しく、

そしてできるだけおいしく、

日々の食卓をととのえて暮らせるようになれば、

生活の満足感や充実感はグンと上がることでしょう。


この本は、1ページずつめくるたびに

「おっ!」と楽しい話が出てくるように並べたつもりです。


忘れたころにパラパラとめくって、

「久しぶりに買った野菜を冷凍してみよう」

「今晩の夕食後に、ひとつ煮物をしてみよう」

なんていうように、

「あっ、これ忘れてた!」という

生活の工夫を思い出すきっかけとしていただければ、

これよりうれしいことはありません。


「ごはん? かんたんだよ!」

と自信を持って過ごせるようになれば、そのゆとりは、

仕事や人間関係など日々のいろいろなことにも、

必ず余裕を生み出してくれるものと思います。


料理を楽しみ、自信を持って過ごせることで、

明日も、またさらに素晴らしい1日になりますように。

<<

    

  

→『今日も、ごはん作らなきゃ』のため息がふっとぶ本

田内 しょうこ (著)

発行元:主婦の友インフォス

発売元:主婦の友社 

https://www.amazon.co.jp/dp/4074202220/


……ということで、皆様どうぞよろしくお願い申し上げます。

料理は楽しいよね。

 

#家庭料理 #時短料理 #レシピ #キッチン #料理 #台所 #料理本 #ズボラさん必見 #主婦の友インフォス #主婦の友社 #ふっとぶ本 #今日もごはん作らなきゃのため息がふっとぶ本

 

 

posted by マリオ曼陀羅 at 04:05| Comment(0) | TrackBack(0) | book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック