■ エヲカク ■

2010年02月02日

2010年、初雪。
“初”もなにも、そうそう降らない雪だけど。だからこそ、

三才の息子にとっては、初めての雪のなか。
六才の娘にも、雪の舞い散るなかは特別な空間。

夜も更けかけていたけど、思わず外に飛び出した。



うまさうな雪がふうはりふうはりと <小林一茶>



もちろん、食べてた…… 







我が物と思えば軽し笠の雪  <宝井其角>

何を背負っている訳でもないけど、寒さはまったく感じていない様子
で、小一時間。





いくら言っても屋内に帰ろうとしない子供たちを、温かくて甘いココアで釣って……



太郎を眠らせ,太郎の屋根に雪ふりつむ。
次郎を眠らせ,次郎の屋根に雪ふりつむ。
           <三好達治/雪>
 
ということで、ぼくは独り静かに絵。
せっかくの雪なので、暖房をつけずに、酒で暖をとって。

 
傍らには娘のメモ:

2がつ1にち(はーと)
きょうはよるゆきが!!!ふっていました。みんなわびっくり。!! それにゆきのなかおかいものにだっていったんですよ。ここあをのむためにぎゅうにゅうをかったんだよ
    おわり

 
 
さて…… 明朝の登園は大変だっ!!!

 
 

 
 
 


posted by マリオ曼陀羅 at 03:53| Comment(0) | TrackBack(0) | parenting | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック