■ エヲカク ■

2009年08月13日

8月29日(土)S/TRIP(2pm〜6pm)

 WOMB(渋谷)というクラブのラウンジ・スペースにて、異色のステージを行います。
ストリッパーの身体に、この絵を描いたらどうなんだろう?」という、写真家/谷口雅彦さんの何気ない一言から生まれた企画です。

womb_s_trip_info_s.jpg

“日本のトップ・ストリッパー・牧瀬茜の裸体が、アーティスト・田内万里夫によるボディ・ペインテイングで、踊るマリオ曼陀羅へと変身する。独自のエレクトロニック・ミュージックを世に放つNumb+Saidrum(EKOUNE SOUNDS)、METAMORPHOSE、FUJI ROCK FESTIVALなど数々のレイブやクラブ・ミュージックシーンで幅広い活動を展開するTARO ACIDA(Dub Squad, FLAT!)をゲストに迎え、ストリッパー、舞踏家など、身体表現者たちを撮り続ける写真家・谷口雅彦によるライブ・フォトセッション、cloudchair として活動中のJake(元GUNIW TOOLS、SUPER SOUL SONICS)が、異才・石田幾多郎とのアンサンブルで音響空間をデザイン。ストリップとアクション・ペインティングによる視覚世界を、容赦ない音像空間が包み込む。”(WOMB LOUNGE告知より)

 
S/TRIP
@ WOMB LOUNGE (東京/渋谷)
8/29()
open: 13:30 / start: 14:00
close: 18:00
予約/前売: 2000yen + 1drink (500yen)←予約ページへ
当日/door: 2500yen + 1drink (500yen)


ACT:
S/TRIP
牧瀬茜 (stripper)
田内万里夫 (painter)
谷口雅彦 (photographer)
cloudchair featuring 石田幾多郎 (music)

GUEST ACTS:
Numb + Saidrum (EKOUNE SOUNDS)
TARO ACIDA (DUB SQUAD、FLAT!)
 


 日本のストリップを代表する踊り手のひとり、牧瀬茜さんがオファーを受けてくれたことで、話が具体的になりました。
 クラブイベントという形になり、共演者として非常に豪華な音楽家達(下記参照)を招くことができ、当日はいったいどのようなパフォーマンスが繰り広げられることになるのか、予断を許しません。
 踊り手、舞踏家などを主な被写体とする谷口雅彦さんが、ストリップを撮り続けてきた18年を網羅した写真を、アブストラクトな音響空間のなか、プロジェクターで会場に投影します。
 その音と光の渦なかで、僕は「踊るマリオ曼陀羅」を完成させる予定です。
 夏の終わりの週末、昼下がりの謎の20禁イベント、是非いらしてくださいませ!
 
● メール予約に関して ●
 
 
 
 
 
 

posted by マリオ曼陀羅 at 15:38| Comment(6) | TrackBack(0) | art | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
女性が行ってもよいのでしょうか?
Posted by ピヨン at 2009年08月23日 10:53
> ピヨンさん

もちろんです!! 当日、女性のお客様もたくさんお待ちしています。

普段、劇場に足を向けにくい人達にパフォーマンスを披露したい、というのが、踊り手である牧瀬茜さんの希望でもあります。

ぜひ、ご来場ください。
お待ちしています!
Posted by マリオ at 2009年08月23日 12:14
ありがとうございます。
友人に声掛けをしてみますね。
一人ではちょっと・・・、勇気がいりますものね。
誰も行く人がいなく、一人で行っちゃったりね。(笑)
Posted by ピョン at 2009年08月27日 09:52
ぜひご友人、お誘いくださいませ。
でも一人でいらっしゃる方、男女問わずいそうな感じです。
ご興味あれば、お気軽にいらしてください。
Posted by マリオ at 2009年08月27日 11:10
昨日、友人と行ってまいりました。
マリオさんの曼陀羅を描く姿は素晴らしく、茜さんの裸体で動きとともに変化する曼陀羅がまた一段とステキでした。
Posted by ピョン at 2009年08月30日 10:03
> ピョンさん
ありがとうございました!!
当方、主催する側の配慮が足りずに、長い公演時間を立見にしてしまって、すみませんでした。
間近で身体に絵を描かせて頂きましたが、牧瀬さんはすごい存在感でした。

今後とも、よろしくお願いいたします。
 
 
Posted by マリオ at 2009年09月01日 19:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック