■ エヲカク ■

2020年06月07日

パターソン/ジャームッシュ/ウィリアム・カーロス・ウィリアムズ …と絵

観たいなと思ってたジャームッシュの『パターソン』偶然見つけて観ることができた。とても良かった。

28歳の10月のあの日、絵を描きはじめて本当に良かったと思えた。

絵を描くようになったことで、その後の人生にいくつものサプライズが起きたが、すべてのサプライズが、あのとき一枚の絵を描いたことで始まったと言っていいほどだ。

来年の10月に絵を描きはじめて20年になる。あのとき絵を描きはじめなければ、その後どんな人生になっていたのか、まったく想像もつかない。

54169932-B714-460F-9168-8A61DD4B2C39.jpeg


以下は最近の世界的な反人種差別プロテストにつあて、日々流れてくる情報に触れて思ったこと:

all different kinds of discriminations are really disturbing.

sometimes i find discriminatory eyes in myself, and of course that’s also very uncomfortable. 

...it’s been uncomfortable. i want this to go away. this should be vanished. i feel so offended by people stomping on everything with discrimination.

 

差別的なあらゆるものが、本当に不快だ。

自分のなかに差別的な視点を見出すことも時にあり、勿論それも不快だ。

……不快だ。無くなって欲しい。無くなるべきだ。なんでも差別の種にして踏みつける人々が不快だ。
posted by マリオ曼陀羅 at 21:40| Comment(0) | ewokaku | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする