■ エヲカク ■

2018年10月10日

SUB-RIGHTS #10 − CHUMP CHANGE by Don Fante / 『天使はポケットに何も持っていない』ドン・ファンテ

今日はドイツで、フランクフルト・ブックフェアが開幕してます。

田内万里夫 

SUB-RIGHTS 10: 

Chump Change

DOTPLACE

『天使はポケットに何も持っていない』

ドン・ファンテ

中川五郎・訳

河出書房新社


10月のどこかの水〜日の5日間で開催されるフランクフルト・ブックフェアですが、その間の参加者/入場者数は延べ30万人とも言われおり、その人数が一同に会して、延々と本の話をしている、おまけに夜な夜なーー大抵は午前3時とか、場合によっては朝方までーー世界各国の出版関係者たちが入り乱れて呑み続ける、といえば狂気の程が伝わるだろうか。本の人々と酒の相性の良さは万国共通らしい(いわずもがなだけど、そうじゃない立派な人たちもたくさんいます)。

夜は天国/日中は地獄、というのが僕のとってのフランクフルトの記憶で、最高に面白い人々が集ってくるからほんと楽しいっちゃ楽しいんだけど、とにかくひたすら消耗しまくる1週間。で、帰国後しばらくは屍です。

大抵フランクフルトに入る前に、先ずロンドンに寄って1週間(長いときは2週間)、イギリスの出版社やエージェントの元を訪ねて回って、ちょう長丁場だからほんと死ぬ。……ロンドンでも呑み続けてるわけだし。もちろん遊びというわけでもないし。


1998年に仕事に就いてから2014年まで毎年欠かさず行き続けて、その後アウルズ・エージェンシーが版権エージェント事業をやめて、もう行かなくても良くなった2015年の秋の、あの信じられないほど晴れ晴れした気分は忘れられない。

とはいえ、あそこには最高の思い出も山盛りで、そこで出会って仲良くなったいろんな国の出版人との友情なんかもものすごく貴重で、今となっては素敵な記憶だけがフィルターされて遺っているので、その縁を大切にしていこう、そうしよう。既にあの世に逝っちゃった人なんかもいるけど……

そんなことを思っていたら、去年、縁あって手伝いをさせてもらってるタトル・モリ・エイジェンシーから誰かの代打として送られて、またあの景色を見ることに。

……ということで、今回はそのブックフェアを舞台に、あのブコウスキーが「神様」と讃えた作家ジョン・ファンテの息子、ダン・ファンテというロクデナシの書いた『CHUMP CHANGE』(邦題「天使はポケットに何も持っていない」中川五郎訳/河出書房新社)。あと、もちろんミラーさんとの思い出話。

E3F4E612-5085-45B3-9198-BFEB4839B58B.jpg


なんというか、筋トレのようなつもりで、というか酔っ払って書いているので、また長いです。
ほんとはもっと絵を描く時間を作らねばなのだが、今はこういう巡り合わせのタイミングなので。 絵よりも文章を書くほうが時間とエネルギー消費する。



A496AE4B-FD18-4F53-9EA1-6EE68442E6E2.jpg





posted by マリオ曼陀羅 at 16:42| Comment(0) | book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする