■ エヲカク ■

2018年05月12日

ARE YOU HAPPY? ……と、なぜかZOE君の思い出

創価学会のマダムに呼ばれて婦人部(?)のお姉様方を相手に料理教室をして帰宅した後では「とてもいい人たちだった〜」と、お土産にもらってきた「Daisaku Ikeda」とクレジットの入った花の写真とポエムのカードを見せてもらった(そういえば昔住んでいたところのご近所さんで聖教新聞をくれる人も、気さくでいい人だった)。また、日本武道館(BUDOKAN)であのみすず学苑の(著書『強運』の電車ドア貼り広告の)深見東州(a.k.a.半田晴久)という宗教家(宗教法人ワールドメイト教祖)が往年のアメリカ人有名ハードロックミュージシャン達を招聘して催すライブのチケットを代理店の人から貰ったと言って、喜々として出かけていっては「なんかいろいろすごかった!」と大笑いしながら帰ってきたこともあった。そして今回はいよいよ幸福の科学の発行するライフスタイル雑誌『ARE YOU HAPPY?(アーユーハッピー?)』のインタビュー取材を受けて記事になったが、「編集者もライターもカメラマンも、仕事がとても丁寧で感じが良くて、ほんとにやりやすい現場だった! 普通の商業誌とかTVとか、いかにも殿様商売って感じで対応が雑なことだって多いのに!」と感動気味に教えてくれた。売れっ子の若手女優だった清水富美加が所属事務所と揉めたかなんかで逃げ込むように出家していった先が幸福の科学で、彼女はそこで千眼美子と名を変えて、教団の新作映画のヒロインとして出演している。主役の大川宏洋という役者はどうやら教祖、大川隆法の息子のようで(そう思って見るとひと目で親子だ)、雑誌に載っている映画の概要を読むと、どうやら大川隆法の伝記映画らしい。見本誌と共に送られてきたのはその試写券で、それがなんか妙に気になっている。

B8083CE5-BE2A-4670-9F28-CFB3D1E25FC4.jpg

みんないろいろだけど、たいていは一生懸命でいい人たちなんだよね、とか、新興宗教のことをあれこれ考えているうちに、幸福の科学じゃないんだけど、若くして難病というか奇病を患って、過酷な闘病の末に「よし、いくわ」という言葉を遺して逝ってしまったZOE君が、2006年に亡くなる直前に創価学会に入信したことを思い出した。HAL FROM APOLO 69というバンドのギタリストだったZOE君が入退院を繰り返していたのは都内の大きな総合病院だった。たぶん最後に見舞いに行ったとき、彼は「NO WAY」と書かれたTシャツを着て、投げつけたのだろうか縁のちょっと欠けたメガネをかけて出迎えてくれた。「マリオ君、笑うかもしれないけど、おれ創価学会に入ったんだ。入院しているうちにここのナースの子と付き合い始めて、それで結婚することになったんだけど、彼女が創価学会の子で、それでときどき一時帰宅の許可が出て帰宅すると、近所の創価学会の人達が、おれのために集まって、本気でお祈りしてくれるんだわ。その人たちをわざわざ集めてくれる彼女の姿を見てたら、それもいいかなって思ってさ!」とかなんとか言って、やはり笑っていた。もちろん僕も笑ったけど、それは顛末がなんだか可笑しかったからで、彼の選択をバカにして笑ったわけではない。ZOE君はZOE君だし。

そのZOE君と仲良くなったのは何がきっかけなんだっけと記憶を遡ったら川崎CLUB CHITTAにLOFTのDJ、デビット・マンキューソが来たときに一緒に出かけて、その夜、途中でフレッシュエアを求めて静かなところを探しているうちに、ジェイムズ・エルロイと漫☆画太郎の話で盛り上がったのがその時だった。もちろんそれまでも遊び友達だったけど、あの夜に「LA四部作」について、あと「地獄甲子園」と「珍遊記」について熱く語るZOE君と意気投合を果たしたのだと思う。ドン・ウィンズロウを一緒に読んで大いに盛り上がったりしたのも今となっては懐かしい。

大川隆法の伝記映画(息子主演)『さらば青春、されど青春』、観に行くべきか、どうなんだ。

ZOE君が生きてたら一緒に行ったかもしれないな。


ーーーーー
在りし日のZOE君




posted by マリオ曼陀羅 at 07:19| Comment(0) | past | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする