■ エヲカク ■

2019年07月09日

映画『新聞記者』プロデューサー河村光庸さんのこと

自画自賛させてもらいます。今、参院選前に封切られて社会現象ともなっている映画『新聞記者』のプロデューサーの河村光庸さん、この人について(作中では、河上光康という仮名)連載中の『SUB-RIGHTS』の第8話で書いてますが、まさに予言かなと思います。でも予言のつもりで書いたので、それで良いんです。

98875182-A5B9-4FD6-9D3C-8BB8F661294A.jpg

この第8話『TRAINSPOTTING(トレインスポッティング)』を書いたのは、去年5月。舞台は1998年です。

382755DA-F2E0-4E96-8119-3F7B60EAD63E.jpg

今年になって、『新聞記者』という映画が参院選にぶつかるように公開される予定だと知った時、そのプロデューサーが河村さんだと知った時の俺の喜びと興奮を察してください。

俺と河村さんとの出会いは1998年、彼が青山出版社の社長だったときのことです。ダニー・ボイル監督の『トレインスポッティング』の原作小説を出したのが、この河村さんで、彼はしかしその後すぐ、青山出版を人に譲り、自身は新しくアーティストハウスという出版社を立ち上げています。そしてそのなかに立ち上げたアーティストフィルムも、当初からの構想に入っていました。

俺は当時25歳の若造で、出版業界で働くのなら海外の小説/現代文学の仕事しかしたくないと思ってましたが、なにしろマーケットの小さなジャンルなので、相手にしてくれる出版社はそんなに多くなく、でもそのなかで、この河村さんは「よし、やろう!」といつも勇気づけてくれたオッサンでした。もともとが出版業界の人ではなかったせいか、その強引でややもすれば乱暴な仕事ぶりが山師扱いされたりもしていた人で、出版プロパーのオーソドックスな出版人には彼を嫌う人も少なからずいたけど、俺にとっては恩人であり、よき先達といった人です。河村さんから学んだことは非常に多かった。自縄自縛に陥らない、自由で奔放な精神で「コンテンツ」というものを当時から(当初から)捉えていた人でした。

出版とはパンクスピリットだと考えていた当時の俺に、成熟したパンクの姿を当時示してくれたのが河村さんだったし、今こうして改めてその精神を示されて、心の底から感無量です。

以下にリンクを張りますが、この8話には、『新聞記者』を制作した株式会社スターサンズ(STAR SANDS, INC.)のその社名の(かなり面白い)由来を書いています。

ぜひ読んでみてください。

我田引水ですが、知るか。河村さんが一息ついたころ、当時の面々集めてお祝いじゃ! 

河村さん、おめでとうございます!!! ざまーみろ!
 

→ あえて参院選前に公開 映画「新聞記者」はなぜリスクを取ったのか 製作者に聞く
 河村光庸氏(映画「新聞記者」エグゼクティブプロデューサー)

→ 『新聞記者』モデルはリアル政治 河村光庸さん 寺脇研さん 池田香代子の世界を変える100人の働き人 23人目+α

→  SUB-RIGHTS // 08: Trainspotting 
※河村光庸氏=河上光康氏
ぜひ宜しくお願いします。
なぜ、映画『新聞記者』が生まれ得たのか、その背景が少し立体的に感じられるかもしれません。時代とは連綿と続くもので、分断は無理です。

A791AD66-604F-428B-AC9C-7B7C252BF181.jpg
posted by マリオ曼陀羅 at 02:16| Comment(0) | book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月11日

アフターマス

システムはヒューマンエラーに対応できない。

税金関係、年金関係ダブルヘッダー。雨。雨のなか世田谷区、千代田区。

前職場のクライマックスともいえる最終盤のドタバタのツケが、少なくとも個人のレベルにおいては、やっと決着に向けて動き出したのは良かった。税関係は支払う一択なのでそこは納得してさておき、社会保険関係がほんとカオスで、その大きな理由として、俺の離職日などが、あの混乱の中でメチャクチャな手続きになっており、例えば雇用保険に関して登録されていた離職日と年金関係の離職日が年単位で異なっているなどカオス。また当時のカオスを偲ばせもする。そんなこんなで極めて希少性の高い事案という扱いをされ、ブラック企業被害さえ疑われ、もちろんお役人の皆さんも困惑。……とにかく居住地区の窓口だけではラチが明かず、本日は雨のなか世田谷区の役所から会社のあった千代田区の年金事務所まで移動し、そこで3人目の担当者相手に数時間。レア事案ということで、とにかく何から何まで調べて貰わねばならず、とはいえ調べがついたところで何が即解決するような話でもない。最後の担当者がとても親切でとにかく親身になってくれて良かった。……が、「消えた年金問題ってこんな個人レベルでも起きちゃうんですね〜」とか、「支給額も支給開始時期も、結局その時が来るまで分からないって話になっちゃってますよね〜」とか、そういう誘い水に乗ってこないのはさすが。

数年前から確定申告している関係で、当時の様々な明細とか記録がペーパーとして残っていたので、こちらの怪しい話がリアルであることを相手に示すのに大いに役立った。こんな低所得者の諸問題においても重要な資料となるのだから、特に国政などスケールの大きなオペレーションにおいては正しい記録、本物のドキュメント、さぞかし重要であろうと思われる。あれこれ記録残ってなかったら為す術もなかったわ。

……とにかく正常化が急務。

366E533E-7F4A-498D-9DFB-54F5B81E91A9.jpg
posted by マリオ曼陀羅 at 01:15| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月10日

Emptiness 2019

うまくペースがつかめず、今はここまで。
生活がガチャガチャしていて思うように時間を持てない。気分の問題かも知れないけど。

01234DF0-4674-4227-8B97-DD46BC6D0CB6.jpg

かれこれ数年に渡って書いて(描いて)いるこの文字(記号)だが、大きな絵をブルックリンに預けてきてしまったので、日本でまた必要となりそうな予感があって2種類のサイズで描いてる。

同じ記号だけど、重ね合わせる絵が異なるのと、作る状況が異なるので、こうして何年も主題にし続けていると、なんだか定点観測をしているようでもある。そこになにを観測してるのかは、他人の関心の外にあるものだけど。

ちょっとのんびりし過ぎていると思わないでもないけど、それでもやってることで生じる化学反応みたいなのがあって、じわじわ物事が動いていくのを観察者の視点で見るのも面白いといえば面白いと思えないこともない。というか、こんなスローモーションを展開しつつ、物事が動いているのを感じるのは個人的に面白いことなんだけど、その感じは共感を求められる種類の感覚とも違う気がする。

でももうちょっと時間欲しいかも知れないな。

……政治があまりにも酷くて滅入る。




posted by マリオ曼陀羅 at 01:44| Comment(0) | ewokaku | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月22日

なにもしなかったけど、食と相性について考えた

【酔】文章書くのに頭ひねりまくってるこの時間、やっぱ俺にとっては絵を描く方が自然にできる行為なんだなーと、また思う。言葉による表現は大好きだが、それは読むことで(もしくは聞くことで)楽しむものなのかも、……俺にとっては。

料理も好きだ。簡単なのしかできないけど。

そもそも俺が妻と出会って子供まで持つに至ったのは、料理や飲み食いの感覚に共感できるものがあったからだ。出版業界は共通項だったが、彼女は当時お洒落なライフスタイル誌(俺の苦手な消費文化の象徴だと思って敬遠した)、俺は単行本のなかでも特に地味(失礼!)な本の仕事が好きで、読書の趣味が即一致したという訳でもない。掘って行ったら一致もけっこう見つかったけど。……しかし彼女の料理はシリアスだった(それが素晴らしかった)。で、その後彼女は消費文化から足を洗って料理研究家になった。

音楽の趣味については共通項も多少はあるけどベースの部分はかなり異なる。でも飲み食いしつつの会話が楽しかった。そうしてできた娘ももうJKで15歳。ありがたいことに青春を謳歌しているように見える。俺のその時期は暗黒だったので信じられないほどだ。娘に与えられる助言があるとすれば……飲み食いの趣味や温度の合う相手、それと会話の尽きない相手と出会うといいよ、ということか。けっこう冷えてる夫婦も周囲にいるもんな〜。生活を間近で共有する相手と話が成立しないというのが、どれほどの地獄か、俺は自分の両親を見て知ってるよ。そしてそれは子供にとっても地獄だった。

……息子にできるアドバイスはないなー。早いとこ好きなこと見つけて打ち込んで、それで好きにしてて欲しい。料理をもっと覚えてほしい。

今夜は(も)まったく寝なかったけど、よく休んだ。これから子等の朝食と弁当を仕込んで学校に送り出して、それから眠る。今夜はな〜んにもしなかった。

したい連絡だけを、方々にしたくらい。
自分にとって必要な連絡だけを。つまり絵だね。
……良い夜でした。
 
5AM

ブロンクスのプエルトリカンの友人から、短編小説かよというようなすごいメールが来た(長い!!)。決めた。わけもなく翻訳する。目的などない。俺は彼女の「語り」を吸収したい。それには翻訳が一番。

ラティーノの構築する言語世界が好きだ。すんげー面白い比喩とかユーモア持ってる。物の見方が溶けそうなくらい柔らかい。ソリッドでエッジの立ったプラクティカルな英語世界で、彼等はもしかしたらかなり苦しんだことだろう(英語のユーモアや語りも、それはそれで面白いけど)。 
 
そんなこんなでカルラ・スアレスというヤバい作家の『ハバナ零年』(共和国・刊)を読んでるよって話をそのプエルトリカンの友人に伝えたところ、こんなコメントが届いた。饒舌な前後は、おもしろいけど略す。

「Cubans and Puerto Rican’s would be considered very close cousins. Our cultural beginnings are identical. We just evolved on different tiny islands. And interesting fact to note that the live together closely in the same neighborhoods in Miami, Florida.

The famous Cuban poet José Martí once said of Cuba and Puerto Rico that we are each one wing of the same dove.」
 
日本にも同じ鳩が飛んでて欲しいよ。
その鳩の背中に乗りたい。

夜を贅沢に(無為に)終えて朝を過ごしたら少し眠って、それで明日は大きなエントリーにいよいよ挑戦してみよう(ビビッて寝かせてるけど、タイムリミットが来た)。





posted by マリオ曼陀羅 at 06:47| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月17日

Odna dancing in front of my mural


俺の壁と素晴らしいダンス。ビデオだから、クリックして見てね。

dancer: Odna
@ HACO NYC/May2019

飛んで行きたい







posted by マリオ曼陀羅 at 05:34| Comment(0) | art | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする